弁護士紹介 田辺信彦

パートナー

主な経歴

昭和40年3月

湘南高等学校卒業

昭和45年3月

東京大学法学部卒業

昭和47年3月

東京大学大学院法学政治学研究科修士課程を修了

昭和49年4月

弁護士登録(第一東京弁護士会会員となる)

栄木忠常法律事務所入所(昭和53年5月まで)

昭和52年4月

専修大学法学部の講師となる(昭和61年3月まで)

昭和53年6月

当事務所創設

昭和55年4月

東洋大学法学部の講師となる(昭和56年3月まで)

昭和61年11月

放送大学講師となる(平成元年3月まで)

平成元年7月

東京地方裁判所所属の司法委員となる(平成10年12月まで)

平成6年6月

法制審議会(国際私法部会)幹事となる(平成8年5月まで)

平成8年4月

第一東京弁護士会の副会長に就任(平成9年3月まで)

東京地方裁判所所属の民事調停委員となる

平成15年4月

日本弁護士連合会の常務理事に就任(平成16年3月まで)

平成17年5月

東京都弁護士協同組合の専務理事に就任(平成19年5月まで)

平成17年6月

極東貿易株式会社監査役に就任

平成18年4月

嘉悦大学教授となる(平成22年3月まで)

平成18年4月

東京地方裁判所民事調停協会幹事長に就任(平成19年4月まで)

平成18年6月

財団法人国際保険振興会評議員となる

平成19年6月

株式会社北洋銀行の監査役に就任(平成24年9月まで)

平成19年8月

東京地方裁判所委員会委員となる(平成21年7月まで)

平成20年4月

株式会社ホームメディアの取締役に就任(平成22年6月まで)

平成21年5月

東京都弁護士協同組合の副理事長に就任(平成23年5月まで)

全国弁護士協同組合連合会の専務理事となる(平成23年5月まで)

平成22年5月

乃木神社責任役員及び総代に就任

平成23年2月

アサヒビール株式会社公正取引推進委員会特別委員に就任

平成23年5月

全国弁護士協同組合連合会副理事長に就任(平成25年5月まで)

平成23年7月

東京ロータリークラブ理事に就任(平成24年6月まで)

平成24年4月

公益財団法人国際保険振興会評議員となる

平成24年10月

株式会社綜合臨床ホールディングス(現株式会社EP綜合)監査役に就任(平成28年1月まで)

平成26年6月

KYCOMホールディングス株式会社の社外監査役に就任

平成26年7月

東京ロータリークラブ理事に就任(平成27年6月まで)

平成28年7月

株式会社神戸製鋼所コンプライアンス委員会委員となる

著書等

  • 「課長島耕作 出来る 契約書 WORD版(CD-ROM)」(ホロン・監修)
  • 「課長島耕作 出来る 規程・議事録 WORD版(CD-ROM)」(ホロン・監修)
  • 「民事実務読本II 弁論・攻撃防禦」(東京布井出版・共著)
  • 「民事実務読本IV 和解・法的交渉」(東京布井出版・共著)
  • 「注解不動産法1 不動産売買」(青林書院・共著)
  • 「商事判例研究(昭和43年度)(昭和44年度)」(有斐閣・共著)
  • 「判例辞典」(六法出版社・共著)
  • 「日経 経営ハンドブック」(日経BP社・共著)
  • 「事業承継税制と相続対策のすべて」(日本法令・共著)
  • 「相続財産の確定・評価と申告手続のすべて」(日本法令・共著)
  • 「昭和58年度重要判例解説」(有斐閣・共著)
  • 「法律学の争点シリーズ8 国際私法の争点<新版>」(有斐閣・共著)
  • 「改正商法のあらましと実務の対応」(ビジネスガイド)
  • 「不法行為−公海上の不法行為」(渉外判例百選<第2版>別冊ジュリスト87号)
  • 「不法行為−公海上の不法行為」(渉外判例百選<第3版>別冊ジュリスト133号)
  • 「消滅時効」(渉外判例百選<第2版>別冊ジュリスト87号)
  • 「外国仲裁判断の承認と執行」(ジュリスト臨時増刊815号)
  • 「金融機関・中小企業のためのこれだけは知っておきたい新会社法」(金融財政事情研究会・編著)
  • 「社会インフラとしての新しい信託」(弘文堂・共著)
  • 「〔新訂〕貸出管理回収手続双書 仮差押え 仮処分・仮登記を命ずる処分」(金融財政事情研究会・共著)