取扱業務 企業訴訟

製造物責任訴訟

製造物責任といえば、メーカーのそれが問題となることが多いです。昨今のマスコミ報道にみられるようにメーカーの製造物責任は、事業の根幹にかかわるものであることが極めて多く、訴訟戦略を誤れば企業の存続すら危ぶまれます。また技術的な問題を包含しているため、その原因の解明は困難を極め、資料も膨大に上るため、短期間で応訴するためには、手続に長けた弁護士が複数の陣容で臨む必要が特に高いといえます。当事務所では、豊富な経験を有する複数の弁護士による陣容を整えています。