取扱業務 企業法務

知的財産権

情報産業、技術産業を始めとした企業における知的財産権の取扱いは、経営戦略の根幹を左右する最重要課題です。特許、実用新案、意匠、著作権等の知的財産権の種類によって法的な処理が異なるため、どのような権利をどのように利用し、また第三者に利用させるかの事業スキームは法的側面からの検討が不可欠といえます。また、知的財産権侵害に対しては速やかに法的検討を行い対応する必要があります。当事務所では、商標および著作権の登録手続、企業の経営戦略を見据えた意見書の作成、技術提携契約、共同開発契約をはじめ、特許ノウハウ等の実施許諾契約等の各種契約書の立案、法的助言から、示談交渉、知的財産権訴訟の代理等を行っています。当事務所ではこれらの分野において確かな経験と実績を有しています。