取扱業務 企業法務

デューデリジェンス

企業再編や流動化・証券化に際しては対象企業・資産にかかわる法律関係についての総合的な法的検証作業が不可欠になります。そこで問題となるのは対象企業の業種や対象資産の種類に特有の分野の法律を始めとして、商法、証券取引法、労働法、独占禁止法、知的財産法等多くの法律です。当事務所ではその組織力により、総合的にかつ質の高い分析を行えるよう、これらの各法律分野の専門性に富んだ弁護士の布陣をととのえ、最新の法律の動向にも常に対応できるようにしています。当事務所では大手金融機関の企業再編、大手信託銀行がアレンジする証券化に際してのデューデリジェンスから、多様な業種にわたる中小企業の事業再編に際してのデューデリジェンスまでさまざまな案件を手がけており、確かな実績を有しています。